PROCESSING METHOD

衣類への加工種類について

手刷り(シルクスクリーン)

基本的にこちらの加工方法を使用するお客様が多く見られます。

手刷りには相棒とも言える版が存在します。※もちろん版がなければ手刷りはできません。

大きく箇所を分けると(前・背中・袖)と分けれらます。※1色/1箇所/1版となります。

顔料プリント・ウレタンラバープリント
※特殊加工:箔・黒板・反射・チっ光・発砲・エンボス・ラメ・蛍光・があります。

インクジェット

フルカラー、少ロッド向きの機械での加工となります。

また製品全体に加工できるのが特徴的な加工です。

加工の種類について、白ボディに対しては染料・顔料でのプリントが可能であり染料は発色が
よく堅牢性も高いです。ただし、蒸したり洗ったりしますので縮みが出てしまいます。
顔料は発色が悪くなり、堅牢性もあまり良くなく洗うと少しずつ薄くなっていきます。

黒ボディに対しては顔料による白引きのプリント対応となります。染料によるプリントは
できません。白引きの場合はラバーのような形になりますので風合いを犠牲にする部分があります。

シートプレス

番号・ネーム・小さなマークなどに適した加工方法。

取り扱ってるシートは、ラバー・サテン・カラーキャムとなります。
ラバーシートは伸縮、柔軟性があり、強い接着力のラバー素材を使用しております。
サテンシートはシルクのような美しい光沢のサテン生地を使用しております。
※ラバーサテンとも小さな文字、細かなデザインは向いておりません。

カラーキャムについてはステッカーシートに【インクジェット】&【ナイフカット】で
製版不要のオリジナルマーク(指定カラー)となります。※左胸程度の大きさに適用